つみ木

炭の家なら清潔な空気を維持できる|健康に暮らそう

のびのびと過ごせる住まい

一軒家

高さと建蔽率における規制

鎌倉は、古都とも呼ばれている、古い建物の多い地域です。重要文化財に指定されている建物も複数ありますし、さらには樹齢数百年という古木も多く、独特の魅力を醸し出しています。そのため現在の鎌倉では、こういった趣を守るために、新しい建物の建築がある程度規制されています。建物の高さおよび建蔽率に上限が設けられていて、それを超えない範囲でなければ、建築許可が下りない仕組みになっているのです。このことから鎌倉では必然的に、高く広いマンションではなく、一戸建てが増えています。一戸建てなら、高さと建蔽率の両方における条件をクリアしやすく、その分スムーズに設計できるからです。具体的には鎌倉では、地域にもよりますが、一戸建ての建蔽率は40〜60%ほどに設定されています。したがって鎌倉の一戸建ては基本的に、敷地内の約半分が庭という状態になっています。そのため、庭木を植えたりガーデニングをしたりといった具合で、個々でも緑を増やしていくことができます。このように、緑の多い中でのびのびと過ごすことができるため、それを希望する多くの人が、鎌倉の一戸建てを購入しています。また、ウッドデッキのある一戸建てが多い点も、選ばれる理由のひとつとなっています。ウッドデッキは壁や天井がなければ床面積に含まれないため、設置しても建蔽率をオーバーすることはありません。それでいてくつろぐことのできるスペースが増えるので、人気があるのです。